6月30日は「水無月」を食べる日!

京都では6月30日は「水無月」を食べる日!
「みなづき」の下、白い部分は氷を表し、上の小豆は魔よけを意味します。京都の宮中で、夏に氷室から取り出した氷を食べる慣わしを、庶民では到底口にすることが出来ない氷の変わりに、氷に見立てて作られた和菓子です。

6月30日前後に当店で出している料理の画像です。摺り卸した芋をゼラチンで固め、上に小豆をのせて、「水無月」に見立てています。

コメントを残す