坂安メルマガ(50)

┏━…‥・★☆ メルマガ ☆★・‥…━┓
┗┥京┝┥料┝┥理┝┥・┝┥坂┝┥安┝┛ 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
このメールは【京料理 坂安】に『ご来店頂いた方』 
『ネットショップご購入者』 『メルマガご登録頂いた方』
『ご縁のある方』に配信いたしております。
月 1・2回程度の配信予定です。
ご迷惑の方は本メールに「配信停止」をご返信下さい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

節分を過ぎ「立春」の今日ですが、まだまだ寒い京都です。
雪もちらつき、オフシーズンですが、それゆえ
ゆっくり京都をご覧になれる良い機会です。

☆★☆★☆  琳派400年記念祭  ☆★☆★☆

今年は本阿弥光悦が京都鷹峯に芸術村を拓いて400年に当たり
そのイベントが色々企画されています。
その詳細はこちらをご参照ください。

http://www.rimpa400.jp/

本阿弥光悦、俵屋宗達(風神雷神図屏風)、尾形光琳、尾形乾山など
芸術作品が楽しめます。
この琳派にゆかりのある寺院の特別公開が京都冬の旅の企画に盛り込まれています。
俵屋宗達ゆかりの頂妙寺の公開や
本阿弥光悦の菩提寺・本法寺の公開が企画されています。
詳細はこちら

http://www.kyokanko.or.jp/huyu2014/huyutabi14_01.html

☆★☆★☆  西本願寺御正忌報恩講 ご報告 ☆★☆★☆

前回もご紹介いたしましたが、
1月9日から16日まで、西本願寺で親鸞聖人の命日法要がございました。

今年から国宝「鴻の間」でお食べになるお斎「精進料理」が
和風椅子席に変わり、懇志の金額も下げられました。
趣が変わり、ホットカーペットもひかれて、寒さも和らいでいます。
機会がございましたら、来年度お立ち寄りください。

☆.。:・★.直営ネットショップ☆.。:・★

メルマガ会員限定価格
下記アドレスより直接どうぞ
通常サイトからは入れません。
(画像が一部乱れております、近日中に修復予定です。
申し訳ございません。)

☆☆ マナガツオ味噌漬け焼  ☆☆

茶懐石などに好まれる魚で、一般のスーパーなどでは
まず、売っていない高級魚です。おせち料理にも入れていた魚です。
あまり特価では出せない商品ですのでこの機会にどうぞ。

1人前・定価2376円を1836円(税込、送料一律500円)
(生の漬けたままの状態でもお届け可能です)

http://sakayasu.shop-pro.jp/?pid=39092132

☆ さわら味噌漬焼 1人前 
定価1728円を1512円《税込み、送料一律500円》

http://sakayasu.shop-pro.jp/?pid=39092209

☆ タラの子 炊合せ
1620円をメルマガ限定サイト1296円《税込み・送料一律500円》

http://sakayasu.shop-pro.jp/?pid=39249511

以上3点
メルマガ限定サイト商品につき、このアドレスを直接クリックしてください。
2月15日までです。数量限定につき先着順でございます。

☆ ★☆★☆平日限定ランチメニュー☆★☆★☆

冬季限定メニュー

さわら味噌漬焼きランチ(白味噌汁付)  1030円

子炊合せランチ(白味噌汁付)  930円

餡かけ「かに玉丼」・吸物付  870円
香住産の蟹の身を卵餡かけに、生姜風味でお召し上がりいただきます。

   「餡かけ親子丼」・吸物付 870円
当店オリジナル、レシピ付は通年です。

『ミニ・かに・会席』 5,400円
京料理のミニ会席にカニ料理の献立をコラボ。
お手軽にカニ料理(香住産かに身使用)をお楽しみいただけます。

☆☆☆店主のつぶやき☆☆☆

お正月大雪の京都で、どこにも出かけられなかったので、先週水曜日午後早仕舞して
城崎温泉へリフレッシュに出かけました。外湯巡りが7か所あって、パスポートで
すべて回れますが、3か所だけになってしまいました。(もう少し早く出られていればは入れたけど、、、)
「千と千尋の神隠し」に出てくるような建物の温泉もありゆっくり楽しめました。
55にもなると、やはりスキーよりこっちの方が、、、、。
体をケアーして帰ってきたはずなのに、5日後に、ちょっと足を踏ん張ったら「プチ」
「ふくらはぎの肉離れ」何もしてないどころか、バドミントンで鍛えていたつもりなので
ショックでした。からだをいたわりながら仕事をしないといけないようですね。

☆☆☆  京料理 坂安  メルマガ登録募集  ☆☆☆

http://www.sakayasu.com/reserve.htmlへご紹介下さい

『ニックネーム・メールアドレス』を送信下さい。
(お名前・ご住所・電話番号は任意です)
お得な情報等配信いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
2015/2/4 №50

コメントを残す